Blog

ブログ

カフェで仕事をするなら、「星乃珈琲店」がオススメ

カフェで仕事をするなら、「星乃珈琲店」がオススメ

クライアントのビジネスをオンライン化するプロフェッショナル、ヒガシナオヤです。

アイディアを練りたい時や気分転換に外で仕事をする時があります。

そんなときにカフェを利用していますが、最近は「星乃珈琲店」一択になりました。

もちろん、ドトールコーヒーもオススメですし、スターバックスコーヒーも大好きですが、最近はもっぱら「星乃珈琲店」を利用しています。

目次

おしゃれな店内

友人と打ち合わせをしたときには、「椿屋珈琲みたい」って言っていました。落ち着いた雰囲気の店内が好きな人にはオススメですよ。

個室やブース席があり落ち着いて仕事ができる

お店によっては、コワーキングスペースのブース席のように仕切られている席があります。かなり個室に近い雰囲気なので、落ち着いて仕事ができます。コワーキングスペースのブースみたいな雰囲気です。

個室がある店舗もあります。一人で使うこともできます。(あまり使ってほしくない雰囲気をされますが)。ちなみに、予約は店舗によって違いますが、できない店舗も多いらしいです。

個室の有無はホームページには掲載されていません。個室の有無を知りたい場合には、Rettyで調べると、個室の有無が記載されていることがあります。

客層が年配寄りなので騒がしくない

都内の郊外店を利用しているせいか、客層が年配寄りなので騒がしくありません。店舗の多くは駅前に出店していることが多いので、週末の夕方などは空き席がなくて待つくらい混みます。しかし、平日の日中なら混まずに使えることが多いです。

モーニングサービスがある

コメダ珈琲店ではないですが、星乃珈琲店でも平日の11:00までにコーヒーを注文するとモーニングサービスが付いてきます。トーストとゆで卵だけですが、嬉しいサービスです。また、モーニングでメニューもあります。

コーヒーのおかわりが半額

「星乃珈琲店」では、コーヒーのおかわりが半額です。

回数券がある

普段は回数券を利用しています。店舗によって取扱の有無や金額が違います。都内の郊外店では、コーヒー6 杯で2,100円で回数券を販売していました。通常はコーヒー1杯で400円以上するので1杯あたり100円近くお得になります。また、モーニング回数券も取り扱っている店舗があります。こちらは10枚3,000円です。

デメリット:電源とWi-Fiがない

こんな星乃珈琲店ですが、もちろんデメリットもあります。

デメリットの1つ目は電源とフリーWi-Fiがある店舗がほとんどないことです。

私は、楽天モバイルの「Rakuten Un-limit」を利用しています。また、MacBook Air(M1,2020 , Thunderbolt 3ポートx 2)を使っているのでバッテリーがかなり持ちます。そういう人なら問題ないですが、バッテリー継続時間が短いパソコンをお持ちの方、データ通信環境をお持ちでない方など、モバイル環境を自分で賄うことができない人が長時間作業する環境としてはオススメできません。

デメリット:現金決済しかできない店舗が多い

デメリットの2つ目は、現金決済しかできない店舗が多い(2020年12月現在)ことです。クレジットカード・交通系ICカード・キャッシュレス決済の利用有無が店舗によりことなります。私の家の近所の店舗だけでも、現金決済だけの店舗・クレジットカードがVISA/MASTERのみの店舗・キャッシュレス決済もできる店舗、と分かれていました。

まとめ

コロナ禍により、人々の行動パターンが大幅に変わりました。私も常駐案件を全て取りやめて新しいビジネスモデルに変更しています。

作業場所も自宅がほとんどになりましたが、どうしても気分転換が必要になります。素敵な自分のお気に入りの場所を探すことも重要ですね。

このページを共有

関連記事

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

  1. 日本政策金融公庫から融資を受けました(面談篇)

    日本政策金融公庫から融資を受けました(面談篇)

  2. フリーランスが最低知っておくべき「経理の自動化」

    フリーランスが最低知っておくべき「経理の自動化」

  3. 「コロナ特別型」小規模事業者持続化補助金を申請しました

    「コロナ特別型」小規模事業者持続化補助金を申請しました