Blog

ブログ

日本政策金融公庫から融資を受けました(準備篇)

日本政策金融公庫から融資を受けました(準備篇)

現在、コロナ・ショックで経済が不安定です。政府が様々な支援策を打ち出しています。もちろん、フリーランスも対象です。フリーランスのデザイナーでも、開業時以外に融資は受けられるの?という疑問もあるでしょう。日本政策金融公庫から融資を受けた話を書いていきます。

目次

フリーランスでも融資は受けられるの?

当然ですが、フリーランスでも日本政策金融公庫からの融資は受けられます。創業時の融資の話はインターネットを探すとたくさん掲載されています。

しかし、日本政策金融公庫は、事業の創業時以外でも融資は受けられます。日本政策金融公庫では諸般の事情で一時的に資金がショートするときなどの緊急時に「セーフティネット貸付」も利用できます。

時間はどれくらいかかるの?

融資が受けられた場合、申し込んでから最低1ヶ月ほど見積もっておくといいでしょう。現在はコロナ・ショックの影響で面談までに通常の2倍、2週間ほどかかると思っていた方がいいでしょう。私が融資を受けたときは以下の流れでした。

  • 融資申込み
  • 1週間後 面談
  • 面談の2日後に自宅訪問
  • 自宅訪問1週間後に融資決定の電話
  • 数日以内に郵便で必要書類が到着

ちなみに、自宅訪問といっても、本当にそこに居住実績があるか、などをチェックするために日本政策金融公庫の担当者がいらっしゃると言う形です。なお、ヴァーチャルオフィスで住所を持っているとどうなるのでしょうかは不明です。

事前準備

書類提出前に、必要書類は用意しておきましょう。私は、疑問点などがいくつかあったので、日本政策金融公庫の支店で提出しましたが、インターネットからの提出ももちろんOKです。インターネットから提出する場合も、一度日本政策金融公庫の支店でチェックなどしてもらったほうがいいでしょう。必要な書類は次の通りです。

  • 事業計画書(日本政策金融公庫のフォーマットを流用)
  • 企業概要書
  • 借入申込書
  • 青色申告決算書(2年分)
  • 資金繰り表
  • 請求書の金額をまとめたもの
  • 銀行口座の明細(半年分)(ネットの印刷でも問題なし)
  • 税金の支払い証明書(クレジットカードの履歴でも問題なし)

資金繰り表は、日本政策金融公庫のフォーマットでも、自作でもOKです。私は請求書の資金繰りが明確になるファイルをnumbersファイルで作成しました。

事業計画書

融資を受けるためには、事業計画書を提出しなければいけません。事業計画書は1枚にまとめましょう。もちろん、1枚にまとまらないかもしれません。

さらに、担当者は融資を申し込んだあなたの業界の「素人」です。IT用語などは、担当者が理解できないことが多いです。別紙に用語の説明などを記載した文書を添付してあげましょう。

あまり長い事業計画書を書いても、担当者なども読みきれません。それは担当者から聞きました。担当者が稟議をあげて上司などに説明するので、彼らにわかりやすく説明してもらえるようにしてあげることは、結局は融資を受けるときの助けにもなります。

クレジットカード・ローンや融資の借入残高

事業計画書などに借り入れの状況を書く必要があります。クレジットカード・ローンや融資などの借入状況は、素直に個人信用情報機関に聞きましょう。
KSC(全銀協)・日本信用情報機構(JICC)・CICと3つの個人信用情報機関があります。

今回は主にクレジットカードの情報を確認するために、CICで開示してもらいました。CICに支払う手数料は、1,000円です。現在はインターネットでも開示可能なので昔のように店舗に行ったりすることなく自分の信用情報がチェックできます。

信用情報は、正しい情報を提出しなければいけません。10万円以上の借入残高の情報を入れる必要があるらしいです。もしも、本人が認識している借入状況と個人信用情報機関の借入情報が違っていたらややこしくなりますので、融資を受ける場合には個人信用情報機関の情報を確認しましょう。

銀行口座の履歴

銀行口座の履歴も必要です。半年分の履歴が必要です。全部の口座の履歴を出す必要があります。

最近は通帳レスの時代、かつネットバンクを利用する人もいますので、Webページからの印刷でも問題無いようです。私の場合は、支店の方に確認してからWebページのデータを印刷しました。事前にPDFにしたものを印刷するのがいいでしょう。銀行によっては、印刷対応が不完全でものすごいページ数を出すところもありますので注意しましょう。

税金の支払い証明書

面談前に税金を払っていない場合は、必ず払っておきましょう。日本政策金融公庫は、国がやっているので、税金の支払い状況は重視されます。

税金を支払い後に、税金を払ったと証明できるものは必要です。支払ったという通知のメールを印刷したものや、クレジットカードの明細でも問題ありません。今回は、クレジットカードで払ったものがクレジットカードの明細に記録されるのが間に合わなかったので、メールの印刷で対応しました。

わからない時には素直に聞こう

日本政策金融公庫から融資を受ける際に書類を作るのですが、当然不明点などが出てくると思います。その時には素直に日本政策金融公庫に電話して聞いてしまいましょう。

分からないまま書類を提出するのは、融資を受けられない可能性が出てきます。提出前に、日本政策金融公庫の支店に行って確認してもらうのもいいでしょう。ほんの些細な質問でも問題ありません。丁寧に教えてくれます。

私の場合は、以下のような内容を電話で聞きました。

  • 税金の支払いを証明した書類が間に合わないのでクレジットカードの明細などでもいいですか?
  • 銀行口座の明細を出すときに、通帳レスの場合はどうしたらいいですか?
  • 借入申込書は住所などを正しく認識してもらうためにあえてPDFから作成したい。問題ないですか?

ちなみに、借入申込書は「名前の部分(自署しなければいけない部分)」と「印鑑」以外は、PDFで入力しても問題ないと言われました。

書類提出後にも訂正できる

書類を提出した後に、面談があります。それまでの間に、提出したデータに誤りがあった場合は訂正できるのか、疑問だと思います。日本政策金融公庫の融資前の流れは以下の通りです。

  • 日本政策金融公庫の支店に書類を提出
  • 数日後に電話がかかってきて面談の日付を決める

上記の感じで書類提出後に面談を行うのですが、その時に書類が間違えていたら提出し直したりすることはできます。実際、不足していた書類があったので面談の時に追加・訂正したものを提出しています。

まとめ〜面談前に〜

日本政策金融公庫から融資を受けるには、面談前の準備がとても大切です。

面談時に、担当者から質問されるようなことがないように、書類の準備は万全を期しておきましょう。

また、融資されない可能性もあります。コロナショックでは、国は「セーフティネット4号」も発動しています。必要に応じて他の融資も検討しておくといいでしょう。

このページを共有

関連記事

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

  1. フリーランスになってスキルチェンジしたこと、変わったこと

    フリーランスになってスキルチェンジしたこと、変わったこと

  2. フリーランスとして4年目を迎えます

    フリーランスとして4年目を迎えます

  3. フリーランスになって6年目。2014年のまとめと2015年の抱負とか

    フリーランスになって6年目。2014年のまとめと2015年の抱負とか