Blog

ブログ

CMS(WordPressなど)を 導入する時の レンタルサーバーの選び方

  • Web制作
  • 記事公開日:
CMS(WordPressなど)を導入する時のレンタルサーバーの選び方

CMS(WordPressなど)を導入する場合にはメリット・デメリットを考えなくてはいけません。CMS(WordPressなど)を導入してブログを書いたりする前に、レンタルサーバーの選び方で考慮しておくべきことを書いてみます。

サポート体制はちゃんとしているか

WordPressなどを導入する場合、サイトのデザインなどを私のようなプロのデザイナーなどに依頼することは多いですが、その後の運用は導入した人・会社が行うこともあります。

サーバー会社も星のようにありますが、サポートがちゃんとしているところ、サポートを省略して安くしているところと分かれてきます。

自分で運用することを考えると、サポートがちゃんとしているところを選ぶのが基本です。もしもあなたがプロフェッショナルならば、サポートがなくてもある程度なんとかできるでしょう。しかし、自信がない場合は電話サポートがあるレンタルサーバーを選ぶといいでしょう。

データのバックアップを自動でやってくれるか

ブログを作った後、運用していくと当然データができます。それらのデータはあなたの資産になります。例えば記事のデータや画像のデータ、CMSのデータベースなどが挙げられます。それらのデータのバックアップを自動でやってくれるのかは極めて重要です。初期設定だけ、導入者がおこなわなければいけないレンタルサーバーもあります。資産を失うという観点から見ると、何もバックアップしてくれないレンタルサーバーを利用している時と比べるとリスクが減るでしょう。

バックアップからの復元に費用がかかるか

データのバックアップを行なってくれるとしても、その後の復旧に費用がかかるかは重要な視点です。データのバックアップは自動だけど、復旧に費用がかかるレンタルサーバーがある場合は、当然復旧費用を払う必要があります。

バックアップからの復元費用がかかってしまうレンタルサーバーと費用がかからないレンタルサーバー、あなたはどちらを選びますか?

それ以上に魅力的な機能がある場合は別です。しかし、レンタルサーバーを元に戻す費用はある意味、無駄なコストです。

まとめ

私のクライアントのサイトを制作する時には、当然ながらレンタルサーバーを選ぶ作業もあります。クライアントに納品後に運用は受けないケースもあるので、その場合はできるだけバックアップができるレンタルサーバーを紹介しています。

CMSでバックアップするツールもありますが、それだけでなくレンタルサーバー会社が用意してるバックアップツールも見てみるといいでしょう。

最近はサーバーのバックアップを設定できるレンタルサーバーも徐々に増えつつありますので、一度見直してみるのもいいかもしれません。

このページを共有

関連記事

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

  1. UIデザインの価値
    UIデザインの価値
  2. ブラウザ判別(Windows Phone 7にもいちおう対応させてみる)
    ブラウザ判別(Windows Phone 7にもいちおう対応させてみる)
  3. Windows 8.1がリリース!高解像度OSが支配する世界がやってきた!
    Windows 8.1がリリース!高解像度OSが支配する世界がやってきた!
ページの上部に戻る