Blog

ブログ

Noto​ファミリーに、​日本語対応・​美しい明朝体​フォント​「Noto Serif ​CJK JP」が​登場していたよ

  • Web制作
  • 記事公開日:
Notoファミリーに、日本語対応・美しい明朝体フォント「Noto Serif CJK JP」が登場していたよ

お仕事がらみで、GoogleのNOTOプロジェクトのページを見ていたら、2017年4月3日に、Notoファミリーに新しい明朝体フォント「Noto Serif CJK JP」が登場していましたのでご紹介します。

Noto Serif CJK JPのウエイトは7ウエイト

Noto Serif CJK JPのウエイトはNoto Sans CJK JPと異なります。ウエイトはゴシック体より少ない7ウエイトが用意されています。

  • Thin 250
  • Light 300
  • Regular 400
  • Medium 500
  • SemiBold 600
  • Bold 700
  • Black 900

以上、7ウエイトが用意されています。Noto Sans CJK JPに用意されている「DemiLight 350」というウエイトがNoto Serif CJK JPでは用意されていません。

20170404-002
Noto Serif CJK JP ExtraLight

MacのFontBookでプレビューして見ました。高品質な市販フォントにも劣らない品質だと思います。

無料で高品質。「Noto Serif CJK JP」はインストールしていても損はない

Noto Serif CJK JPはExtra Lightなフォント、つまりウエイトが100/200のフォントがないとはいえMSフォントより高品質です。
無料なので今入れておいても損はありません。

Noto Serif CJK JPは Google Noto Fontsのページからダウンロードできます。

このページを共有

関連記事

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

  1. 今日から導入できるCSS3
    今日から導入できるCSS3
  2. Webデザイナーの格差が今後広がっていく
    Webデザイナーの格差が今後広がっていく
  3. 脱Adobe。次世代ソフトたちでWebデザインの仕事をしてみた - 素材篇
    脱Adobe。次世代ソフトたちでWebデザインの仕事をしてみた - 素材篇
ページの上部に戻る