ブログ

Webデザイナーの格差が今後広がっていく

あけましておめでとうございます。
つい先日から、お声がけいただいた某社さまをお手伝いすることになりました。社員ではなくて、業務委託のデザイナー兼コンサルタントとして働いています。しばらくやってみて、やっぱりWebデザイナーの格差が今後広がっていくと感じられてきているので簡単に書いてみたいと思います。

ちょっと、今やっている仕事の一部を紹介します。

知っている人からすると、意外(?)なことにサービス画面や管理画面のデザインではなく、ブランディングから入ってサービスサイトの改善などを行うお仕事です。久しぶりに管理画面の制作の案件をほとんどやっておりません。

クライアントのサイトの診断を行ったのですが、ちょっと大変な状態でした。
まず、一般的に当たり前と思われるところができていません。
ぶっちゃけ、ちょっとこれ最初にやった会社さんとかひどくない?と思っていたりします。
色々改善をおこないますが、改善箇所が多すぎるので、とりあえず急ぎで行うべき改善を行った後はサイトのリニューアルを行うことになるんじゃないかと思いますけど思います。

とりあえず、自分が関わりだしてから、クライアントさんのサイトのお問い合わせが「爆増している」そうなので一安心しています。

デザイナーの格差・実力差が広がっている

お声がけいただいた方と色々お話ししていたのですが、「デザイナーの格差が広がっているのがはっきりわかる」というお話でした。

その方は、社内のプロジェクトの担当の方で、デザイナーさんとお仕事したり、デザイナーさんを探したりすることが多いのですが、「はじめはデザイナーの実力差など分からなかったが色々お仕事するうちに分かってきた」と言っていました。

どうやら、今までのデザイナーさんは、あまり提案などやってくれなかったらしいです。

クライアントさんも真面目にサイトを運営している、しないと会社の売り上げに繋がらないから人材の見極めの眼力を磨いているんだなと思いました。

ブランディングからはじめる、デザイナーの差別化

「デザイン」ができても、デザイン以外のサイト戦略などのブランディングから提案することができるかどうかはデザイナーの重要な付加価値の一つだと思います。

よく聞くのですが、デザイン以外のサイト戦略などのブランディングから提案することができるデザイナーは少ないらしいです。

マーケティングやブランディングと言っても、別に難しいことをやらなくてはいけない、ということではありません。クライアントとユーザー(クライアントのお客さん)に最適なコンテンツを提案することからはじめればいいと思います。

最後に、当たり前のことを

当たり前ですが、Webデザイナーやコーダーとしてサイトを作るなら、「ちゃんとした」Webサイトを納品しましょう。例えば、レスポンシブWebデザインでサイトを作った場合、画面サイズによって明らかに崩れるようなサイトを作るようなのは論外です。

画面サイトによってきちんとした閲覧環境を用意できないのはクライアントにとって損失です。

Webの業界って、実績を重要視します。あとは口コミですね。閲覧環境を用意できないサイトを作っているようだといいお客さまは来ないと思います。売り込みするにしろ、お仕事してくださいと言われるにしろ、新しいテクニックとか以上にちゃんとしたサイトを納品することが大切だと思いました。

おまけ

クライアントさんにサイトの改善提案を色々したら、なぜか「マーケター」って言われているんですが何故に(苦笑)。