ブログ

最先端のレスポンシブWebデザインが学べるワークショップが開催されるので参加してみようと思う

2015年10月24日(土)に最先端のレスポンシブWebデザインが学べるワークショップが開催されるので参加してみたいと思います。「Smashing Magazine」の共同創業者・編集長である、Vitaly Freidman氏が講師を務めます。ちょっと注目している内容を書いてみました。

スタイルガイド(モジュール)

現在、お仕事として、レスポンシブWebデザインでのサービス画面の作成の仕事を受託しています。
また、最近はコンサルティングのお仕事も少しずつ受託しています。

主にWebサービスや管理画面のサービス画面のコンサルティングがメインですが、企業様のWebサイトをコンサルティングして欲しいという案件ももちろんございます。

コンサルティングでアドバイスを求められる、また、そこから作って欲しいと言われるものが「スタイルガイド(モジュール)」です。スタイルガイドの話をすると、10回中9回は作って欲しいと言われます。

スタイルガイドは、レスポンシブWebデザインの案件ではもちろん、レスポンシブWebデザインの案件でなくてもあらゆるサービス画面で「あると便利」「作って欲しい」と求められます。

何回か作ってノウハウも持っていますが、他人様の作り方とかノウハウとかは知っておいて損はないので学んでおきたいですな。

flexboxをより深く学びたい

flexboxを使ったレスポンシブWebデザインのレイアウトパターンを学べるのがメリットです。

ここ最近の案件では、flexboxをメインに使うようになりました。95%がflexboxです。
使えば使うほど、flexboxのメリットが享受できます。また、実際の案件で使っているので、そこで得られるノウハウは結構大きいです。

ただ、flexboxは奥が深いです。使い始めて1年以上たちますが、昨日も新しいテクニックを発見しました。使えば使うほど奥が深く感じられます。
現在β版のBootstrap 4でもflexboxが使われるようになりました。これからflexboxを使ってみたい人にもお勧めでしょう。

海外超一流のセミナーが国内でおトクに受けられる

海外のWebのセミナー・カンファレンスに行こうとすると莫大なお金がかかります。
特に最近は円安なので、ドルベースで同じ費用を使っても、円ベースでは2012年の1.5倍くらいの費用がかかるようになりました。
海外に学びに行くのも費用が大幅に上がって大変ですが、海外からの優れたスピーカーを呼びづらくなったところもあります。

最近は、事情が許す限り、国内で行われる海外スピーカーのセッションにはできるだけ行くようにしようとしています。

パフォーマンス改善

レスポンシブWebデザインで問題になるのは、パフォーマンスです。

Google PageSpeed Insights で、スマートフォンで85点以上取れるレスポンシブWebデザインのサイトは日本ではほぼありません。だいたい60点くらいという感じですね。ちなみに、某GP社は50点です。もう少し頑張ってくださいという感じがあります。
Webサイトを制作する時にはGoogle PageSpeed Insights で100点を取るのが目的ではありません。しかし、パフォーマンスに優れたサイトを作ることは、特にモバイルサイトでのページ離脱率・直帰率・コンバージョン率に跳ね返ってきます。

パフォーマンスが良くないサイトは、ユーザーのストレスを感じさせることでユーザーエクスペリエンスを損なう要因となります。
パフォーマンスの手法はいくつか知っていますが、改めて学んでみたいと思っています。

謎のキャンペーンがある(笑)

料金が最大無料になる謎のキャンペーンがあるようです。名前がないので謎のキャンペーンですが(笑)。
転職希望者限定らしいです。現在転職は希望してないけど(笑)、テストを受けて点数によって受講料金割引なのは面白いですね。フリーランスになる前なら受けていたと思います。

よく考えたら、これなら転職エージェントや企業は実力をわかって採用したくなるので、どこかの機会にやってみたいです。

この業界は、転職が多い世界ですので、転職を今すぐしなくても、実力をアピールするという意味でやっておいても面白いかもしれません。

まとめ

はっきり言って、パフォーマンスを考慮した最新のレスポンシブWebデザインのスキルを持ったフロントエンドエンジニアは日本にはほとんどいないのは、残念ながら事実でございます。

その前に、まともなレスポンシブWebデザインを作れる、という意味でもまだまだなデザイナーも多いです。ある程度まではできているけど、ちょっと使いやすさや見易さという意味で足りないというか惜しいというサイトも多いです。

せっかくなので、参加してスキルアップしていきたいと思っております。

ゆめいろデザインへのお問い合わせやお見積もり依頼はこちらから。
お客さまのニーズにあった提案を行い、パートナーとして共に成長することを目指しています。