ブログ

今更ながら「Zapier」を使ってみたらいい感じだったので移行してみた

いままで、このブログ記事の更新したときのソーシャル投稿には「IFTTT」を利用していました。いろいろ使いにくいところがあったので「Zapier」に移行しました。

「Zapier」とは<

Zapier」は「IFTTT」と似た、各種Webサービスを連携させるハブとなるものです。

Zapierは、無料プランで使う場合は制限があります。
IFTTTでいうレシピにあたる「Zap」が5つまでしか作れません。
それ以上だと有料版にするか、別アカウントを用意するかの方法があるかと思います。

また、Zapierでは、一ヶ月に「Zap」を起動させる「Task」の回数に制限があります。登録時は100Tasks与えられます。

ZapierではDropboxのようにミッションをクリアするとTaskを無料でゲットすることができます。
まずZapierを使うことで10Tasksゲットできるので実質110Tasksから使いはじめることができます。

「Zapier」のいいところ

今回は「Zapier」から「buffer」 経由でRSSでソーシャルネットワークに流すことを目的として使いました。

使ってみた印象だと、「Zapier」が「IFTTT」に比べて、次のような点がメリットだと思います。

  • エラーチェックができる(「IFTTT」だとなんでできないでしょうか?)
  • IFTTT」と比べてUIがわかり易い(「IFTTT」はどちらかというと玄人向けな印象)
  • Bufferへ複数のアカウントに投稿できる(「IFTTT」はできない)
  • サムネイルの画像URLや抜粋などなどものすごく細かい情報を利用可能

「Zapier」だからできた、「ソーシャルネットワークに投稿される記事にも画像を追加」する方法

効果あり!Twitter経由でブログを見てもらいたいなら画像付きツイートを試してみるべし!」という記事を読んで、「Zapier」から「buffer」 経由でRSSでソーシャルネットワークに投稿される記事にも画像を追加することにしてみました。

汎用的に使えるように、RSS(ATOM)に画像を出力させると、「Zapier」から「buffer」 経由でRSSでソーシャルネットワークに投稿される記事にも画像を追加することができます。

RSS(ATOM)で記事ごとに画像を指定する

それでは、RSS(ATOM)で記事ごとに画像を指定するにはどうしたらいいでしょうか?

RSS(ATOM)にmediaセクションを追加することで、RSS(Atom)フィードにブログ記事のアイキャッチ画像を指定することができます。

書式の参考にしたのはこちらのサイトです。

mediaタイプを追加して、そこにアイキャッチ画像を追加します。
指定後はブログ記事を更新し、RSSを配信したときに、画像も表示されます。

このサイトはアイキャッチ画像を「カスタムフィールド」で指定しています。

カスタムフィールドで指定した画像をRSSに出力できるようにします。

追加位置は「<entry>セクションの閉じタグの手前」です。アイキャッチの無い記事でも、代替画像を指定しておけばいいと思います。

ついでに、ルート相対パスのまま出力されていた画像も、Movable Typeのテンプレートを修正して画像も出力されるように修正したのは内緒にしておきます。

「Zapier」で投稿した記事に画像を追加するには

設定した「Zap」に画像を追加するには、「Photo URL」セクションで「Insert fileds」ボタンをクリックし、そこから出てくる情報で「Rws Thumbnail @url」を選択します。

設定した「Zap」に画像を追加

あとは「Zap」を更新すればOKです。テスト投稿をすれば、「画像付きの投稿」がBufferにされているはずです。

まとめ

RSSを更新していて、記事ごとにアイキャッチ画像を指定しているサイトなら、汎用的に使えると思います。

ゆめいろデザインへのお問い合わせやお見積もり依頼はこちらから。
お客さまのニーズにあった提案を行い、パートナーとして共に成長することを目指しています。