ブログ

「MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム」が発表されました

Appleは、MacBook Pro(dGPU搭載モデル)の一部のモデルで以前から問題になっていた「MacBook Proの画面が急に歪んだり、カーネルパニックを引き起こす」現象に対して、本日「MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム」をを発表し無償でシステムの修理を行うことになりました。

対象モデルなど

今回のリペアエクステンションプログラムでは以下のモデルのMacBook Proを無償で修理することになりました。
米国とカナダでは2015年2月20日から、その他の国では2015年2月27日から修理手続きが始まります。

過去にAMD Radeon HD 6970 を搭載したiMac(Mid 2011)が同じような症状が発生しAppleはグラフィックカードの無償交換を行っていました。

ちょっとした懸念点

「本プログラムは、MacBook Pro の最初の小売販売日から3年間、または2016年2月27日まで(いずれか期間の長い方)、対象となる MacBook Pro モデルに適用されます。」って記載されています。ただ、修理してもまた再発したらどうするのか気になります。

MacBook Proのロジックボードをオーブンで修理した場合はどうなる?

MacBook Proのロジックボードをオーブンで焼いて修理した人もいます。

故障したMacを修理する画期的な方法→オーブンで焼く

今回のリペアエクステンションプログラムで修理に出した場合はどうなるのかちょっと気になります。

まとめ

いまは眠ったままになっているMacbook Pro(Early 2011)も修理対象になっていました。オーブンで焼いていないので(笑)、修理に出してきます。

ちなみに、仕事の都合で早く修理したい時などは、Appleに相談するのもいいかもしれません。

ゆめいろデザインへのお問い合わせやお見積もり依頼はこちらから。
お客さまのニーズにあった提案を行い、パートナーとして共に成長することを目指しています。