ブログ

OS X Yosemiteをインストールしました

OS X Yosemiteをインストールしました。クリーンインストールだったのですが、いくつかややこしいことがあったのでメモします。

復旧ディスク

起動時にOptionキーを押してたらインストールしたOSが一覧で表示されます。いままでは復旧ディスクも表示させていました。
しかし、Yosemiteでは復旧ディスクは表示されないときがあるみたいです。バグ?

Yosemiteからは、起動時に「Command+R」キーを押すことで、復旧ディスクにアクセスできます。

HiDPIモードについて

いままでは「QuickRes」でHiDPIモードの有効化・無効化ができました。

現時点ではYosemiteでは「QuickRes」でHiDPIモードの有効化・無効化ができません。

そこで、Apple Developer Centerセンター(要ユーザー登録)から「Graphics Tools for Xcode」をダウンロードします。

ダウンロードしたディスクイメージを開いて「Quartz Debug.app」を開き、アプリを起動します。

M
Quartz Debug.app

アプリを起動したらメニューの「ウインドウ」>「UI Resolution」を選択してウィンドウを表示、「Enable HiDPI display modes」にチェックを入れます。そのあとにシステムを再起動することでHiDPIモードの有効化・無効化ができます。

Apacheの設定

Yosemiteでは、Apacheの設定も変更されています。
VirtualHostで指定したディレクトリがどうしてもForbiddenになります。

Yosemiteでは、Apache 2.4がインストールされているそうです。
Apache 2.4はアクセス許可の設定の書き方が違うそうです。

上記参考サイトを参考に、アクセス許可の書式を書き換えます。

ディレクティブの指定の中に「Order allow,deny」「Allow from all」をコメントアウトし、「Require all granted」を追加します。

Apacheのファイル一覧表示の設定

また、いままではデフォルトファイル(index.htmlなど)が存在しないディレクトリにWebブラウザでアクセスすると、そのディレクトリのファイル一覧を表示してました。

この仕組みは、セキュリティ上好ましくないので、Yosemiteではファイルの一覧は表示されなくなりました。

ただ、ローカルで作業するときのみ利用している場合は、ファイル一覧が表示されて欲しい時があります。
そのときは ディレクティブの指定の中に「Options Indexes FollowSymLinks」を追加します。

当然ですが、外部に公開するWebサーバーではやっちゃいけません。

Javaのインストールを求められたら

Adobe製品とかを使っていると、Javaのインストールを求められる時がありますが、「Java for OS X 2014-001」をインストールすれば問題ないはずです。

まとめ

とりいそぎはまったところをまとめてみました。
クリーンインストールしたのでさくさくでございます。

他の感想はまた後に書く予定です。新しいアプリ入れてみたりとかしていますので。とりあえず、HandOffはなかなか便利だということは確かだけど。

ゆめいろデザインへのお問い合わせやお見積もり依頼はこちらから。
お客さまのニーズにあった提案を行い、パートナーとして共に成長することを目指しています。