ブログ

ReadKitとTiny Tiny RSSを導入しました

Google Reederが滅亡(笑)してから、NetNewsWireを一時的に利用していました。しかし、Macのローカルでしか稼働しないのと、iPhoneなどで確認できないという問題がありました。

今回、Tiny Tiny RSSを借りているレンタルサーバーにインストールし、ReadKitと組み合わせることで移行してみました。

Google Reader滅亡後のRSS体制

本当はReeder 2 + Feedlyを利用するのがベストなのでしょうが、Feedly対応のReeder 2アプリのMac版がまだ開発中で利用できません。

はじめはFeedbin という月額2ドルの有料RSSリーダーのサービスを使ってみました。お金を払って使ってみたのですが、とにかく重いこと重いこと。機能はシンプルなのはいいのですが、反応が遅くてまともに使えなかったです。

そこでReadKit+Feedlyの組み合わせを試してみたのですが、Feedlyが重くて同期エラーが頻発しているため使うのをあきらめました。こちらも常用できるレベルではとてもなかったです。同期しなかったりエラーが出たりなど。

やはり購読しているRSSが多いからでしょうか。同期という部分ですごくトラブルが多いのでしょうがないでしょうね。

仕方ないのでNetNewsWireを一時的に使っていたのですが、これがすごく使いにくかったです。せめてiCloudやDropboxでの同期をサポートしていればいいのですが、それすらないのでRSSのチェックがやりにくかったです。

そこで、前から見かけていた、サーバーインストール型のTiny Tiny RSSを借りているレンタルサーバーにインストールし、ReadKitと組み合わせることで移行してみました。

Tiny Tiny RSSとは

Tiny Tiny RSSは、サーバーインストール型のRSSリーダーです。

Google Readerからの移行先としては満足できる使い勝手ですが、導入に敷居が高いのが難点です。

レンタルサーバーを借りるにしろ、自宅サーバーを借りるにしろ、インストールから自分でやる必要があります。ついでに、Wordpressみたいに簡単インストールなどございません。

しかし、オープンソースのRSSリーダーであるが故の拡張性の高さが魅力です。

  • テーマでカスタマイズ可能
  • カスタマイズも自由自在
  • プラグインで機能を拡張できる
  • 広告ブロック機能があり、なおかつカスタム可能
  • Google Readerのようにサービスが終了する可能性がない
  • APIアクセスをONにすることで、他のアプリとの連携が可能に

Reeder/Readkitとの同期

そんなTiny Tiny RSSでも、FeedlyみたいにReeder 2ReadKitなどの連携機能は存在しません。標準では。

しかし、そこはオープンソースのメリット、プラグインで機能を拡張してReeder 2やReadKitと連携可能です。

TinyTinyRSS Fever API plugin」をインストールして有効にすることによりReeder 2ReadKitでもTiny Tiny RSSを利用することが可能です。

TinyTinyRSS Fever API plugin」 は、Fever APIをエミュレートしてReederでTiny Tiny RSSの記事を参照出来るようにするプラグインのようです。

実際に設定してみて、Reeder 2ReadKitとの連携が可能でした。

あとはCronジョブなどでTiny Tiny RSSを定期的に勝手に更新するようにすれば、Google Reeder+ Reeder 2に劣らない使い勝手を実現してくれます。

インストールの参考など

いつもお買い物に利用している「安値世界一への挑戦」さんですが、なかなかこういう役に立つ記事もあったりします。下手なデザイナーよりスキルあるかもですね(笑)。

TinyTinyRSS Fever API plugin」の設定はちょっと迷うところがあるので注意した方がいいです。

Mac/iPhoneユーザー的な使い方

結局のところ、Tiny Tiny RSSReeder 2ReadKitのためのハブとして使う予定なので、プラグインも最低限のものだけを入れることにしています。Reederを使いだしてから、Google Reederは本当に同期のためのハブとして使うという方法でしたので。

Reeder 2ReadKitはソーシャル共有や「あとで読む」系サービスの連携に優れたアプリなので、「あとで読む」記事や「スター」をつけたい記事は別のサービスを利用してサーバーやデータベースへの負荷をできるだけ減らそうかなと考えています。

見た目とかはちょっと微妙かなという感じもありますが、ハブとして割り切って使うので、基本的にメンテナンスするとき以外はアクセスしないのでいいかなと考えていたりします。

まとめ

Tiny Tiny RSSは、サーバーインストール型のRSSリーダーです。使い勝手をよくするにはCronジョブが使えるサーバーが必要です。

レンタルサーバーでもVPSでもいいですが、いずれにしる敷居が高いです。しかし、WordPressなどを独自にインストールできる人ならおそらくTiny Tiny RSSをインストールできると思います。

Tiny Tiny RSSをうまく使えば快適なRSSライフが送れますし、なにより自分専用にカスタマイズが構築可能です。

スキルに自信があればいちど使ってみるのもありだと思います。

そのうちテーマのCSSでもカスタマイズしてみようかな、とか(笑)。

ゆめいろデザインへのお問い合わせやお見積もり依頼はこちらから。
お客さまのニーズにあった提案を行い、パートナーとして共に成長することを目指しています。