Blog

ブログ

Insyncを​インストール​しました

  • Mac
  • 記事公開日:
Insyncをインストールしました

Insync正式版が出ていたので購入・インストールしました。便利なところも多いので紹介したいと思います。

目次

Insyncって?

Google Driveのファイルをローカルと同期できるアプリです。
基本、共有案件のドキュメントがほぼGoogle Drive(Googleドキュメント)なのでそれらのドキュメントをローカルで閲覧するときに使います。
Windows/Mac/Linuxで使うことができます。

Insync ProはGoogleアカウントごとにライセンスを購入する形です。9.99USドルがGoogleアカウントごとにかかります。
Insync Businessは年間契約のライセンスです。1年で5USドルがGoogleアカウントごとにかかります。
また、複数のアカウントを設定可能です。

必須なのはOffice 、Microsoft Officeです。残念なことに。

Google Driveのファイルをローカルに保存するのですが、ファイル形式がMicrosoft Officeの形式です。iWorks(Pagesなど)やOpenOffice・NeoOfficeでも書類は開けるのですが、ごく稀にMicrosoft Officeでないと開けない書類があるのでMicrosoft Officeがあると安全です。

Insyncの便利機能 - ファイル移動

ファイルを移動したらGoogle Driveにも反映されます。
Google Driveはファイルの移動などがすごく分かりにくいです。はっきりいって、Insyncでファイル移動した方がよほど楽です。使い慣れたFinder(Windows Explorer)のインターフェィスを使うことができます。

Insyncの便利機能 - 右クリックの便利機能

ファイルの右クリックから直接Google Driveのファイルのページに移動できます。また、ファイルの右クリックから共有リンクがコピーできます。

Insyncの機能 - ファイルから直接Google Driveへ移動可能…なんですけど

ローカルファイルをInsyncフォルダに入れるとGoogle Driveにアップロード可能なのですが。。。
Google Drive上だとWord/Excelファイルなど、基本的に読み取りと共有専用になります。

ファイル作成はGoogle Documentで

ローカルで作った.docxファイルをGoogle Driveにアップロードしても閲覧専用にしかなりません。編集可能なファイルはGoogle Driveで作成する必要があります。

まとめ

Insyncを購入した後Google Driveで共有するドキュメントは、「Google Driveで作成」「Mac上で閲覧または編集」というスタイルに変わりました。Google Driveのドキュメントがオフラインでも作業できるというのは非常に心強いです。

このページを共有

関連記事

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

  1. MacBook Proの作業環境を改善しました

    MacBook Proの作業環境を改善しました

  2. 27インチの魅力!Apple Thunderbolt Display購入レビュー

    27インチの魅力!Apple Thunderbolt Display購入レビュー

  3. MacにFantastical 2がやってきた

    MacにFantastical 2がやってきた