ブログ

Markdownエディタ「Ulysses」を購入したら、ブログ記事の作り方が変わった

見た目がなかなかいいのと、そろそろMarkdownとか勉強したかったのでMarkdownエディタ「Ulysses」を購入しましたのでレビューします。買ったのは結構前ですけど(笑)。

Markdownエディタがいろいろあったけど「Ulysses」を選んだ理由

Markdownエディタがいろいろあったけど、いまは「Ulysses」をメインで使っています。「IA Writer」など、すばらしいエディタはいくつかあります。では、なぜ「Ulysses」をメインで使うようになったのかレビューします。

1. フォルダ管理できる

フォルダ管理できるので、いろいろなプロジェクトのデータを管理することがしやすいです。メールアプリのように3ペインで表示できます。2ペイン・1ペインにもショートカットで変更可能です。

また、子フォルダも作れるので複雑なファイル管理もできます。

「MacJournal」のように気軽にファイル間を移動できるのが便利。アイディアを書き留めておき、あとで別のファイルにコピーすることも多いので便利です。

しかし、iCloudのファイル管理ってなんでMacに持ってくるとつかいにくいんでしょうね(笑)。

2. HTMLやテキストファイルにクリップボード経由でエクスポートできる

HTMLやテキストファイルにクリップボード経由でエクスポートできます。

例えば、「IA Writor」の場合は、HTMLやテキストへのエクスポートしかできないです。

ブログ記事の原稿管理に「Ulysses」を使っている場合、ちょっとの修正があったらクリップボード経由でコピーして、記事にペーストして修正して終わりというワークフローができるので作業が速くなります。

ブログ記事の書き方が変わった

いままでは、ブログ記事はMovable Type上で記載していました。そのため、Movable Typeは記事が書きやすいようにかなりカスタマイズしています。それでも面倒なのは変わらないです。しかし、「Ulysses」を使いだしてからは、記事の書き方がかわりました。

まず「Ulysses」で下書きを記載します。下書きといってもほぼ完成形に等しい形です。次に記事をEspresso/Jedit XにHTML形式でクリップボードにコピーします。Espresso/Jedit Xで一度整形してからブログ記事に貼付けます。

ブログ記事をUlyssesで管理するメリット

Movable Type上で書くときと比べて大幅にブログ記事を記載する時間が減りました。また、ローカルとiCloudにデータが残るためいざというときにも安心です。

また、「Ulysses」に下書きをおいておくことで、時間が空いたときにブログ記事を書くこともできます。いちいちブログシステムにログインしなくても記事が書けます。

現在は、「Ulysses」に下書き、ブログシステムは公開する記事という使い分けになりました。

Movable Type上で放置していた下書きのブログ記事を整理しました。書きかけでそのままのネタがいくつかありますが書いていきたいと思います。

まとめ

「Ulysses」は現在はセール価格が終了してしまったので少々お高い価格に感じると思います。しかし、ブログ記事をよく書く人なら、十分元が取れるアプリだと思います。

もちろん、ファイル管理が便利なMarkdownエディタとしても強力なアプリです。

ゆめいろデザインへのお問い合わせやお見積もり依頼はこちらから。
お客さまのニーズにあった提案を行い、パートナーとして共に成長することを目指しています。