Blog

ブログ

執筆協力をした​「レスポンシブ​Webデザイン ​マルチデバイス時代の​コンセプトと​テクニック」が​発売されました

  • 仕事・案件
  • 記事公開日:
執筆協力をした「レスポンシブWebデザイン マルチデバイス時代のコンセプトとテクニック」が発売されました

執筆協力をしました書籍「レスポンシブWebデザイン マルチデバイス時代のコンセプトとテクニック」が7月30日に発売されました。

執筆協力でやったこと

執筆協力というわけで、やっていることはいろいろあります。
本に出てきていないサンプルの(今回本に掲載されなかったものが多かったり)を作成したりとか、いろいろと調べ物をしたりとか、いろいろやっています。
実際、ほんのサンプルとか調べものとかやって、メチャクチャ勉強になりました。

本の内容は、レスポンシブWebデザインをサンプルを使用して基礎から応用まで、チュートリアル形式でステップ別に学ぶことができます。

使えるツールの紹介や事例も多く、すぐに使える内容が多いことも特徴の1つです。

「応用編」では、「Photoshopにおける画像最適化の実践」と「Retina Firstのアプローチ」など、デザイナーも知っておくべきテクニックも掲載されています。

改めて感想を

原稿は読んでましたが、書籍化されて改めて私が読んでも「へー」と思うものがあったり、色々勉強になる本です。

実際のところ、書籍には掲載されなかった内容が多数あります。その内容はさすがに教えられませんので、菊池さんが教えている講座「レスポンシブWebデザイン講座(基礎)で教わった方が早いでしょう。

初心者向きな内容から、上級者向きの内容まで、いろいろな内容が入っているので、デザイナーからコーダーまで、「レスポンシブWebデザインをやったことあります」な人でも、「レスポンシブWebデザインをやったことがありません」な人でも、ぜひぜひお手に取ってみてみてください。

このページを共有

関連記事

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

  1. 最近のお仕事とかでやっていることをまとめてみた
    最近のお仕事とかでやっていることをまとめてみた
  2. サービスデザイナーが事業会社の戦略に関わってみて
    サービスデザイナーが事業会社の戦略に関わってみて
  3. パフォーマンス大幅アップ!ほぼCSS3をベースにしたレスポンシブWebデザインでサービス画面を作ってみたよ
    パフォーマンス大幅アップ!ほぼCSS3をベースにしたレスポンシブWebデザインでサービス画面を作ってみたよ
ページの上部に戻る