ブログ

Google Keyboardを日本でも使えるようにする

AndroidアプリのGoogle Keyboardが海外(US)のGoogle Play Storeでリリースされました。

現時点(2013/06/04現在)、日本のGoogle Play Storeではインストールできません。ちょっと裏技的な方法でインストールしてみました。

「ロケール切替」をインストール。端末のロケールをUSにする

Google Play StoreはAndroid端末のロケール(地域指定)を判別しているようです。

Google Play Storeで検索したところ、「ロケール切替」というAndroidアプリがありました。このアプリを起動してAndroid端末のロケールを切りかえてしまいます。

起動すると、国旗の一覧(Google Play Storeが利用できる国・ロケール)が出てきます。国旗を選択することでAndroid端末のロケールを切替できるので、アメリカ国旗を選ぶと、Android端末のロケールをUS (アメリカ)にすることができます。

TunnelBearをMac/PCにインストール

Tunnel Bearは無料で利用できるVPNサービスです。

これを使用することによってアメリカやイギリスからのアクセス以外を制限しているサイトにアクセスすることが可能になります。

有名なところではヨーロッパとアメリカ限定音楽SNSのSpotifyなどです。また、ディズニーのWebサイトもなぜか日本サイトにリダイレクトされてしまいます。

これらのサービスは一部の国のユーザー限定のサービスということで、それ以外の国のユーザーは利用することが出来ません。

このように締め出しを食わされているユーザーでも、TunnelBearを使うことでこれらのサービスを利用できます。

Tunnel Bearは、Mac/PC/iPhone/Androidでサービスが利用できます。Mac/PCのアプリ・iPhoneアプリAndroidアプリがリリースされています。

TunnelBearに限らず、アメリカやイギリスからのアクセス以外を制限しているサイトにアクセスできるVPNがあればいいだけですけど。ChromeやFirefoxのアドオンを使う方法もあるようです。

TunnelBearの初期設定

Mac/PCでGoogleアカウントにログインし、Tunnel Bearを起動した状態で Google Play Storeからダウンロードします。

このアプリはお使いの(機種名)に対応しています。

という表示があればインストール可能です。

このアプリはお使いの(機種名)に対応していません。

という表示になっているとインストールできません。

Mac/PCのブラウザからGoogle Play Storeにアクセスし、端末にアプリを遠隔インストールすることも可能です。そのときには、端末にアプリをインストールできるかがわかるようになっています。

その他の注意点とか

  • VPN(今回はTunnelBear)は必須
  • 今回の方法だと、Google Walletの拠点国を変更すれば米国のGoogle Playストアにアクセスできる – ガジェット通信みたいなことをしなくてもアプリをインストールできます。ただし、有料アプリは未検証です。
  • Google Appsのアカウントでは使わない方が無難だと思います。実際、アカウント切替ができませんでした。通常のGoogleアカウントを使えばいいと思います。
  • Google Play Storeでは、アカウントを切替できるので、専用アカウントをつくってもいいのかもしれません。

まとめ

UX/UIデザイナーなど、アプリのデザインなどの研究のために海外アプリのインストールをすることがよくあります。

いままではiPhoneでは特定国限定のアプリをインストールすることはありました。iTunes Storeでは比較的簡単に特定国のアカウントを作ることはできます。

しかし、今回はじめてAndroidで海外の特定国限定のアプリをインストールしてみましたが、端末のLocateの変更などは結構大変だったです。

ゆめいろデザインへのお問い合わせやお見積もり依頼はこちらから。
お客さまのニーズにあった提案を行い、パートナーとして共に成長することを目指しています。