ブログ

Windows RT タブレット「Vivo Tab RT TF600T」を購入してみた。

仕事か仕事じゃないのか謎ですが、Windows 8関係のアプリ絡みのお仕事をしています。
先々のこともあり、検証用にWindows RT タブレット「ASUS VivoTab RT TF600T」を購入してみました。

現在発売されているWIndows RT タブレットについて

現在発売されている主なWIndows RT タブレットは、以下の通りです。
MIcrosoft Surface RTASUS VivoTab RT TF600TNEC LaVie Yの3機種です。

このうち、Microsoft Surface RTは、2Fの住民さん[誰]が持っているので使わせてもらったのですが、悪くない出来です。 そして、2Fの住民さん[誰]と同じMicrosoft Surfaceを買っても面白くないのと、ASUS VivoTab RT TF600TがGPSとか搭載しているのと、価格が1万円以上安いので購入しました。

ちなみに、Windows 8を搭載した、「Windows RT」ではないタッチパネル式のパソコンも売られていますが、それを購入しても面白くないので今回はパスしました。

ASUS VivoTab RT TF600Tを購入してみて

2012年3月19日時点で価格が35,000円台まで落ちてきているので、手を出しやすい感じです。また、ソフマップの中古優良品でもいいのかもしれません。

ちなみに、キーボードドックが微妙らしいので、いっそBluetoothキーボードを使う予定です。

ASUS VivoTab RT TF600T
ASUS VivoTab RT TF600T

そんな条件で割り切って買ってみました。
デザインに関しては、はっきりいって「ガジェット好きで無ければ買わないデザイン」です。

ASUS VivoTab RT TF600Tを使ってみて

使ってみての感想として、「やっぱ中途半端かな」という感じがあります。

  • お約束の「フォントが汚い」のはどうにかなりませんか。Android 4.0のフォントのほうがよほどきれいな感じです。そろそろメイリオやめませんか?せめて「Yu Gothic」にしてください。
  • USB使えますが、はっきりいって面倒くさくて使いません。MicroSDカードをストレージ代わりとして使っています(USBメモリはリカバリ用のデータを入れています)。
  • 重量感はないけど、iPadより大きく感じるので抵抗感がある。検証用だからいいんだけどね。
  • キーボードが無いとデスクトップモードは使えません。
  • スタイラスペンがあると使いやすいです。というか、スタイラスペンがないと使いたくないです。
  • Officeについては知りません。使っていないので。

まとめ

Windows RT タブレットは、Windows ストアアプリが増えたとはいえ、iOSやAndroidと比べるとまだ少ないです。
ただ、Windows ストアアプリの検証には実機がやはり必要かなと感じています。

X86 Windows(従来のパソコン)で開発はしますが、Windows RT タブレットできちんと動くかどうか、実機で検証するのが一番だと思います。

使い道を考えるとWIndows RTって微妙な立ち位置なんですよね。検証用にはいいと思いますが。。。

ゆめいろデザインへのお問い合わせやお見積もり依頼はこちらから。
お客さまのニーズにあった提案を行い、パートナーとして共に成長することを目指しています。