ブログ

Windows 8、インストールとその顛末

Windows 8が発売されました。VMWare Fusionにインストールしたのですが、その顛末をメモしておきます。

XPからのインストールができない。

今回はアップデート版をダウンロード購入しました。アップデートはWindows XPからおこなう予定でした。なぜなら、ライセンスが余っていたからです。

さて、Windows 8を購入し、インストールしようとしたところ、できませんでした。互換性チェックで「VMWare SCSI」ドライバが互換性が無いですよ、と文句を言われてしまい、インストールできなかったです。

さらに、isoファイルへ書き出しもできなかったです。結局XPからのアップデートインストールをあきらめました。

再ダウンロードリンク、リンク切れ

さて、Windows 8がインストールできなかったので、とりあえず、別のデバイスで再インストールしようとしました。 Windows のご注文概要ページでダウンロードするか、領収書メールの「Windows をダウンロードする必要がある場合は、新しいプロダクト キーをメモし、ここで入力してください。」の「ここ」の部分がリンクになっていて、Windowsをインストールするためのプログラム(Windows8-Setup.exe)をダウンロードする必要があります。

このWindowsをインストールするためのプログラム(Windows8-Setup.exe)、念のためダウンロードしておいた方がいいです。「Windowsを購入する」ページからダウンロードできるWindows8-UpgradeAssistant.exeは、Microsoftのダウンロード販売専用だからです。やり直すときには、Windows8-Setup.exeが必要です。

しかし、この「Windows をダウンロードする必要がある場合は、新しいプロダクト キーをメモし、ここで入力してください。」なんて、わかりにくい文言ですね。この文言だとだれもが迷うのではないでしょうか?

結局、なぜかRP版からのアップデートインストール

結局、なぜかRC(Release Preview)版からのアップデートインストールでうまくインストールできました。
何故でしょうか?ライセンスキーも有効でした。

ついでに、アップデート版でクリーンインストールできましたけど、PC設定の中にある、ライセンスキーの入力画面で「有効なライセンスではありません」といわれてしまいます。この場合はもう一度インストールする必要があります。

ちなみに、2回インストールするとアップデート版でもライセンス的には問題ないようです。Windows 7の時と変わってないようでした。

ひとまず、これで様子を見てみようと思います。ちなみに、コントロールパネルの中に隠れている「ディスククリーンアップは」で、WIndoews.oldフォルダは消すことができます。

ゆめいろデザインへのお問い合わせやお見積もり依頼はこちらから。
お客さまのニーズにあった提案を行い、パートナーとして共に成長することを目指しています。