ブログ

Mountain Lionをインストールしました。

OSX Mountain Lionがついに発売されたので、さっそくインストールしてみました。

インストールの前に

今回はあまり使っていないサブ機にインストールするので、特別なことは特にしていません。

インストールの前に、アプリケーションのアップデートなどをし、そのあとにアクセス権の修復、キャッシュの削除、OnyXでのメンテナンスをおこなってからインストールしました。

インストールは簡単です。ダウンロードすると、自動的にインストールプログラムが起動して数回クリックするだけ。実に判りやすい。再起動も1回のみ。

使用してみた感想

でもって、動きなどがおかしくなかったため。メインマシンのMacBook Pro(Early2011)でも、インストールしてみました。

ここで問題が発生。再起動時に以下のようなエラーメッセージが出てインストールが止まりました。

インストールができませんでした。

ディスク Macintosh HDが壊れていて修復できないため、OS X Mountaion Lionをインストールできませんでした。再起動をクリックしてコンピュータを再起動してから、もう一度インストールしてください。」

ここで再起動しても、延々と無限ループが続き、再起動できなくなってしまいました。

復旧用パーティションから再インストールしようとしたけど、最近SSDがクラッシュした関係で、実は復旧用パーティションがなかったという状態です。

しかたないので、外付けHDDにインストールしていたLionから起動して、SSDをフォーマット、Lionをインストールして、すぐにMountain Lionをインストールしました。

ここで、Mountain Lion用の復旧用パーティションもインストールされていました。結果として、クリーンインストールとあまり変わらない状況に。

ちなみに、他にも被害にあった人がいるようです。こちらの記事と同じような感じですね。

Web共有はどこに

Mountain Lionでは、Web共有の環境設定がなくなりました。調べたところ、自力で設定するしかないようです。

OS X 10.8 Mountain Lion 向け、Web共有を手動で有効にする方法」という記事で詳しい設定方法が記載されていたので、同じように設定。PHPを使うときには「Mountain LionにアップグレードするとApacheやphp、MySQLなどが使えなくなる問題について」という記事に詳しく書いてあります。

Web共有でローカルでテスト環境を作る人は多いので、正直この部分は改悪です。Appleは、OSX Serverを買ってほしいのか、それともCUIでやる人が多いから自分でがんばってください、というつもりなのでしょうか?

Mountain Lionの使用感

インストールには手間取りましたが、使用感はなかなかよいです。アプリは今のところしっかりと動いています。いつも問題になるAdobe製品すら、問題なく動いています。

全般的には悪くないのですが、Safari 6だけはすごく使いにくくなりました。

  • フォントをGUIで変更できなくなった。ユーザーCSSでフォントを変更する方法しかない状態に。
  • ダウンロードオプションがなくなった。ファイルが勝手に展開されるときがあるので、セキュリティ的に不満。
  • タブの幅が可変になったので逆に使いにくい。
  • 「開発」メニューのGUIが変更になったのはいいけど、ソースコード表示のタブが狭くて読みにくい。
  • Webインスペクタで、スタイルの行数が表示されない。
  • iCloudタブの反映が遅い。
  • iCloudタブで、プライベートブラウズのタブまで同期される(変なサイトをみていた場合大変なことになります)。

あと、Twitterの通知を開くときに、サードパーティーアプリで開く設定ができればいいです。

リマインダー.appは、繰り返しタスクが使えるのが分かったので、一般レベルなら充分使えるレベル。下手なタスク管理アプリは淘汰されるかもしれないですね。

インストールにえらい苦戦しましたが、全体的な完成度は高いと思います。iOSユーザーなら、アップデートしても損はないかと思います。

ゆめいろデザインへのお問い合わせやお見積もり依頼はこちらから。
お客さまのニーズにあった提案を行い、パートナーとして共に成長することを目指しています。