ブログ

アプリ/WebサービスとUXについて書いてみた。

先日、新しいWebサービスをやりたいという人に会ってきました。
彼と話した中で感じた、サービス提供側のUXデザイナーのあるべき点などをまとめてみました。

サービス提供側の盲点

新しいWebサービスをやりたい人は多くいると思います。そして、それはとてもすばらしいことだと思います。

しかし、多くのWebサービスは結果として失敗していることが多いです。それはなぜでしょうか?
ユーザーニーズをとらえきれない・ユーザーの嗜好の変化に対応できない、など多数原因があると思います。

しかし。Webサービスを新しくはじめる場合、デザイナー・プログラマーがいないと、サービスすら始まりません。これはアプリの場合も同じです。しかし、ユーザーの使い勝手をどこまで重視しているのでしょうか?かなり疑問点を感じるケースもあります。

一方、サービス提供側のいわゆる「中の人」は、サービス提供側の中にいるため、ユーザーから見て「おかしいのでは?」という部分も、疑問に感じないケースもあります。

例えば、あることを「簡単にできます」という機能は大切であり、すばらしいことです。
しかし、あることを「簡単にできます」ということが問題になることがあります。

たとえば、求人サイトがあり、「ワンクリックで簡単に応募できます」という機能があったとします。ユーザーにとっては簡単に応募できるのはいいかもしれません。

しかし、採用サイトから見ると、「ワンクリックで簡単に応募できます」機能がある場合、「ユーザーがワンクリックで簡単に応募できるのがいいけど、志望動機などが使い回しでいい加減ではないか」などと思えてしまいます。アルバイトでは問題ないかもしれませんが、戦力になる社員を募集する時には躊躇してしまうかもしれません。

また、ユーザーサイトから見ても、「応募内容を確認しないで応募するのは、内容の間違いがある場合」などのリスクがあります。これは私自身の体験ですが、求人に応募するときに、登録データの間違いに気がついた」という場合もあります。

この場合は、「ワンクリックで簡単に応募できる機能」はあえてつけないで、確認画面を用意するなど、ワンクッションをおくことを検討することが必要になります。

ユーザーテストは宝の山

ユーザーの使い勝手を良くするのにユーザーテストは欠かせません。
さきほど述べた通り、サービス提供側のいわゆる「中の人」は、サービス提供側の中にいるため、ユーザーから見て「おかしいのでは?」という部分も、疑問に感じないときがありえるからです。

テスターに簡単なタスクを実行することで、サービスの内部にある「問題点」が露呈されます。そして、得てしてテスターはタスクを完随できないことがほとんどです。

ユーザーは我がままであり、思った通りに動いてくれません。実際、サービス提供側が「完璧だ」と思っていてもユーザーテストを行うことで問題点が露呈される例を何度も見てきました。
そして、ユーザーテストは何度もやるほど精度が上がります。

ユーザーテストは宝の山です。なぜならば、失敗するかもしれないサービスを、成功に導く意見を言ってくれるからです。
サービス提供側にとってはテスターにお金を払ってでもやるべきでしょう。
某アプリの開発者がユーザーテストをすべく、某所でテスターを募集していました。
本当にWebサービスを成功させたいのなら、彼らみたいにお金を払ってでもユーザーテストを実行すべきです。

UXデザイナーがもつべき視点

UXデザイナーがもつべき視点としては、「とにかく徹底的にユーザー視点から見ること」です。

サービスを提供する側で、ユーザー視点で見ることができるのがUXデザイナーであるべきだと思います。そして、それはとても難しいことです。

ユーザーに取って分かりやすいのか?ユーザー視点に立っているのか?
そのサービスを使うことで、ユーザーにどんな体験を与えられるのか?
理論とか手法とか言う前の問題として、「ユーザー視点」から見ることが最も大切だと思います。

ボタンの文言1つとっても注意を払うべきです。
たとえば、ユーザーは「登録したもののID」などが分かるでしょうか?
その場合、「IDで検索」という機能は必要ありません。
そして、ユーザーが本当に求めている機能を実装すべきです。

最後に、某所でユーザーテストをしたときにこんな話を聞きました。
「僕の作ったのは完璧だと思ったのに」
ユーザーがいるだけ、それぞれの考え方で動きます。
その発言は、UXデザイナーではなくても、単なる傲慢です。

最後に宣伝ですが(笑)、iPhone/iPad/Andriodアプリのデザイン(UIデザイン・UXデザイン)・スマートフォンサイトのデザインやコーディング(ほとんどレスポンシブWebデザインのサイトですが)のお仕事を大絶賛募集中です。ご相談等お待ちしております。

ゆめいろデザインへのお問い合わせやお見積もり依頼はこちらから。
お客さまのニーズにあった提案を行い、パートナーとして共に成長することを目指しています。