ブログ

テキストメモ管理にNotebooks.appを試してみる。

いままでメモ管理用にMacJournalを使っていました。しかし、iPhone/iPad版の評判がいまいちなので別のアプリを探していました。今回、インターフェースの美しいiPhone/iPadのメモアプリの1つ、NoteBooksがMac版のベータを提供していたので試してみました。

NoteBooksを選んだのはなぜ?

iPhoneのアプリでもデザインの優れたメモアプリはいくつかあります。例えば、EvernoteやATOK Pad、Awesome Noteなどがあげられます。Evernoteはどちらかといえば、メモアプリといえないとかしれません。

今まで、iPhone版/iPad版のみ、Mac版/iPhone版のみ、Mac版/iPad版のみ、と出ているアプリはありました。しかし、Mac版/iPad版/iPhone版のすべてでアプリが出ているメモアプリは、寡聞にして見たことがなかったです。おそらく、NotebooksがMac版/iPad版/iPhone版すべてで出るはじめてのメモアプリではないでしょうか?(iOS純正の「メモ」アプリをのぞく)

NoteBooksを選んだのは、以下の理由になります。

  • メモの容量制限が(一応)なさそうなこと。
  • テキスト形式のファイルを扱えること
  • Macと作成データを直接やりとりできること。
  • 変なテクニックなどは使わなくていいので、まともに同期してくれること。

テキスト形式のメモを扱えるというのはある意味こだわった点です。Webデザイナーという職種上、たまにソースコードに転用するメモを入れているので、テキスト形式のデータがきちんと扱えるのはある意味死活問題だったりします。昔、EverNote使っていたときに、いつの間にかテキストファイルがリッチテキストファイルに化けていた経験があったのですが、そのときには死にました。。。

使い道は、Thingsなどのタスクリストに入れる内容ではないけど、仕事で使う参考サイトの一覧などのメモを管理するという感じです。

Mac版の仕様感

Mac版はまだ、β版ということもあり、機能は少ないです。
現状はDropboxでメモを管理するためのツールと言うところです。

保存フォルダを「Dropbox」フォルダ直下に指定することでiPhone/iPad版と同期できます。

テーマをiPad風と標準テーマ(Aquaっぽい?)から選ぶことができます。

iPad風テーマ
標準テーマ

iPhone/iPad版の仕様感

iPhone/iPad版は多機能です。

使い道としては、外でのメモ取りとメモの確認がメインです。 仕事のメモなどを主に入れています。(他人に見られたくないメモはwalletに入れています。)

iPad版画面

テキストファイルですが、かなりノート風です(笑)。

テキストメモ

Dropboxを通して他のMac/iPad/iPhoneと同期できます。

Dropbox設定画面

面白い機能としては、ThingsなどのGTDアプリにタスクとしてメモを書き出す機能があります。

タスクを書き出すGTDアプリを選択(左側)
タスクを書き出す
Thingsでは、起動時にダイアログを表示
Thingsの「受信箱(Inbox)」にタスクとして取り込まれる

実際に使うか分かりませんがGTDアプリにタスクとしてメモを書き出す機能は面白いです。

まとめ

最近は打ち合わせやセミナーにiPadだけを持っていってメモを取ることが多くなりました(さすがに外付けキーボードは使います)。

メモはMaciPhone/iPadで自動で同期できるのは非常に便利です。できるならiCloud対応になると嬉しいのですが。

日本語にまだ翻訳されていない、UI部分で多少変なところがあるなど、いくつか不満な部分もありますが、同じアプリで統一感のあるNoteBooksを使用しています。

ゆめいろデザインへのお問い合わせやお見積もり依頼はこちらから。
お客さまのニーズにあった提案を行い、パートナーとして共に成長することを目指しています。