ブログ

GitHub.appを管理ツールとして使ってみた。

Webデザイナー・HTMLコーダーといわれる人は数多いですが、すべての人がプログラムの開発をしているわけではありません。
誰かが開発したプラグインをカスタマイズして利用するのがメイン、という人がほとんどだと思います(私もそうです)。

Web制作の仕事で管理しておきたいプラグインが増えたので、Mac版のGitHub.appをプラグイン管理ツールとして使ってました。

GitHub.appについて

そもそもGItHubとは、はっきりいうと開発者向けのサービスです。

GitHub(ギットハブ)はソフトウェア開発プロジェクトのための共有ウェブサービスであり、Gitバージョン管理システムを使用する。

WikiPediaより

では、開発をしない、普通の(?)Webデザイナー・HTMLコーダーの場合、使い道とかはないのでしょうか?

よくよく考えると、Webデザイナー・HTMLコーダーなら、Web普段使用するプラグイン(特にjQueryのプラグイン)は必ずあると思います。とくに最近は普段使いするプラグインはどんどん増えてくる傾向があると思います。

Webデザイナー・HTMLコーダーなら「あとで使ってみたいプラグイン」のリストがどんどん増えていると思います。Twitterで某ブログとか某ブログとかの記事が公開されたあとに「あとで見る」とかコメントしているのはいまや当たり前になってしまいました。

実は、プラグインを管理する方法に困っていました。使ってみたいプラグインの種類は増えるけど、そのプラグインを管理するツールがあまりなかったからです。
そこで、少し発想を変えてみて、Mac版のGItHubアプリでプラグインを管理してみることにしました。

プラグインの管理にMac版のGItHubアプリを活用する

Mac版のGItHubアプリはずいぶん前から出ていましたが、正直、活用するシーンがいまいち見いだすことができなかったです。
正直、開発者向けアプリで、開発をしないデザイナー・コーダー向けではないからです。

最近、ファイルの整理をしたのですが、あとで使ってみたいプラグインのファイルがローカルにたまっていました。
ファイル整理をして仕分けをしたのですが、そのファイルのダウンロード先がほぼ100%、GitHubでした。

そこでふと思いついたのが、「Mac版のGItHubアプリをプラグイン管理に使えばいいじゃない?」ということでした。GitHubアプリを利用することで、プラグインの最新のファイルをローカルで管理することができます。

プラグインを利用する側にとっては、いろいろ面倒があるかと思います。
例えば、「プラグインのファイルがあるページをブックマークなどで管理するのが面倒」「最新のファイルがあるかどうか管理するのが面倒」「あとで使いたいプラグインを管理するのが面倒」などがあげられるのではないでしょうか。
また、「こんなプラグインがあった気がするけどうる覚え」などということは誰もがあったかと思います。

GitHubアプリを使うことで、「プラグインのファイルを管理できる」「プラグインの最新のファイルを勝手にダウンロードしてくれる」というメリットがあります。

一方、デメリットとしては「ただし、あとで使いたいプラグインかどうかは管理できません。」「プラグインのページにアプリからジャンプできません。」などがあります。

まとめ

GitHubアプリではプラグインを管理するのは、正直きついと思います。タグ管理などがローカルだけでもでれば正直かなり楽になります。しかし、現在無料ですし、ローカルファイルで管理するよりはまだ楽になるのではないでしょうか?

GitHubアプリをこのような形で使うのは本来の形ではないと思います。しかし、プラグイン作者がGitHubを利用することがほとんどになった以上、このような形で活用してみるのもありではないでしょうか?

ゆめいろデザインへのお問い合わせやお見積もり依頼はこちらから。
お客さまのニーズにあった提案を行い、パートナーとして共に成長することを目指しています。