Blog

ブログ

EMobileの​LTE対応​ルーター​「GL01P」​レビュー

  • インターネット
  • 記事公開日:
EMobileのLTE対応ルーター「GL01P」レビュー

従来使っていたWiMaxは、速度は問題なかったのですが、エリアにどうしても不満がありました。そこでEMOBILE LTEに対応したモバイルWi-Fiルータ「GL01P」を契約してきました。

EMOBILE LTEってMVNOたくさんあるの

契約情報は次の通りです。

購入情報

  • 購入商品:GL01P
  • 購入価格:38,400円(1,600円*24回の割引きで実質負担0円)
  • 契約種別:LTEフラット/にねん アシスト1600
  • 購入店舗:ヤマダ電機 大井町店

GL02Pではなく、GL01Pを選んだ理由は、単純に「デザイン」だけ。待ち受け時間はGL01Pのほうが短いが、よく考えると待ち受け時間が長くても、一日が終了するとき(外出から帰ったときなど)は充電するのであまり気にしない方向で行きました。

EMOBILE LTE以外に、NTT Docomo/auのLTEも検討しました。NTT DocomoのXiも悪くはないです。検討は一度はしましたが、いかんせん料金が高いので候補から外れました。auのLTEは秋以降で、エリアと速度は最初から早いらしいという話も聞きますが、料金がどうなるかわからないという問題もありました。+Wimaxは現状の3Gの速度で2年縛りがあるので候補から外れました。

EMOBILE LTEのモバイルWi-Fiルータについては、今のところ端末代が一括の0円というような販売は行われていません。端末代の総額38,400円を1,600円円×24カ月で支払う代わりに、1,600円/月の通信料が割引される「アシスト1,600」を契約する形となり、端末代についてはいわゆる「実質0円」となります。

ただ、EMOBILE LTEという始まったばかりのサービスで契約期間が2年間で月額料金が3,880円の固定金額、解除料が高いというのはかなりハードルが高胃です。そこをなんとかしないと契約者はなかなかのびないと思います。正直なところ、LTEのお試しサービスがないと厳しいと思います(お試しサービス自体はサポートセンターに電話すると借りられるときがあるみたいですが、3Gのデータ通信のみだったのでやめました)。

スピードや使用感

自宅や外出先で何回か計測してみました。郊外で平均で下り2〜3Mbps、最高で15Mbps出ていました。WiMaxも似たような感じなので悪くはないと思います。

20120409-002
スピードテストの結果(複数)

あとバッテリもすごく持ちます。先日の週末に、箱根まで日帰り温泉に行ってきたのですが、朝9時から夜10時くらいまで余裕で持ちました。

便利なのは、電源ボタンを軽く長押しすると画面の下部が黒くなります。この状態がWi-Fiがオフになる状態らしいです。WiFiオフになるモードはWiFi接続時に10分以上使っていない時も自動切り替えでオフになるみたいです。はじめは慣れていなくて、なんで通信できないのか悩みました(笑)

まとめ

EMOBILE LTEは現状では悪くはないと思います。帯域制限も2014年まで夜間以外無いです。LTEに関しては、エリアなど含めてあと1年くらいは様子見していきたいと思います。auさんはまだサービスも始まっていないですし。

とりあえず、2年間頑張ってもらい、そのあとの通信環境はそのとき考えるということで。

このページを共有

関連記事

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

  1. そろそろイーモバイルLTEの解約時期が近づいできたので通信環境を考える
    そろそろイーモバイルLTEの解約時期が近づいできたので通信環境を考える
  2. Windows RT タブレット「Vivo Tab RT TF600T」購入レビュー
    Windows RT タブレット「Vivo Tab RT TF600T」購入レビュー
  3. プロバイダをi-revoに変更しました
    プロバイダをi-revoに変更しました
ページの上部に戻る