Blog

ブログ

27インチの​魅力!​Apple ​Thunderbolt ​Display​購入レビュー

  • Mac
  • 記事公開日:
27インチの魅力!Apple Thunderbolt Display購入レビュー

しばらく忙しくてブログ記事を書く暇もなかったのですが、ようやく時間も空いてきたのでまた書いていこうと思います。
いままでは21インチの安物(!)外付けディスプレイを使っていました。
21インチのディスプレイでも1920×1200ピクセルあるのですが、デザインやコーディングなどの制作をやっていると、21インチの広さでも狭さを感じるようになってきました。
そんなこんなもあって、思い切ってApple Thunderbolt Displayに買い替えました。

目次

開封の議

今回は、大物をゲットしたので、開封の議もしっかり(?)やりました。
さすがに27インチの箱はとても大きいです。

20120302-002
Apple Thunderbolt Displayが届いた

箱を開けても巨大な感じ。

20120302-003
厳重なガード

箱から出すのも一苦労です。

20120302-004
箱から出すのも大変

デスクトップに鎮座。さすがに巨大です。

20120302-005
デスクトップに鎮座

MacBook Proと接続。リッドクローズドモードでもちゃんと動きます。

20120302-006
デスクトップに鎮座

さすがに27インチになると広大です。MacBook Pro15インチよりはるかに大きいデスクトップです。

メリットとか

今回、Apple Thunderbolt Displayに買い替えたメリットとしては、背面にUSB2.0×3ポート、FireWire 800×1ポートがついているのがあげられます。

買い替え前はいちいちMacBook Proにケーブルを付け外ししていたのですが、買い替え後はApple Thunderbolt Displayに付けっぱなしです。MacBook ProもApple Thunderbolt Displayから電源が供給できるので、ケーブルが相当減って机周りのケーブルが相当すっきりしました。

誰が言ったか忘れましたが、「Thunderbolt Displayは最高のハブ」ですね。

また、Apple Thunderbolt Displayはサブウーファーを組み込んだ49ワットの2.1chスピーカーシステムも搭載しているので、いちいちスピーカーを用意しなくてもすみます。

あとは、iPhoneやiPadなどのスタンドなどがあればいい感じになりそうです。

とにかく、Thunderboltポートを備えたMac、特にMacBook/MacBook Airをお持ちの方には「Thunderbolt Display」は超オススメです!!

このページを共有

関連記事

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

  1. 「MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム」が発表されました

    「MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム」が発表されました

  2. Macbook Pro(Early 2011)が修理から帰ってきました

    Macbook Pro(Early 2011)が修理から帰ってきました

  3. MacBook Pro Retina 15インチに買い換えて2ヶ月目の感想を書いてみた

    MacBook Pro Retina 15インチに買い換えて2ヶ月目の感想を書いてみた