ブログ

Windows Thin PCをインストールしてみました。

Windows Thin PCを入れたきっかけ

MacBook Pro(Early 2011)にOS X Lionを入れるときに、MacBook(Late2008)で使用していた256GBのSSDに入れ替えました。

MacBook Pro(Early 2011)に最初から入っているHDD容量は750GBです。これをSSDに入れ替えると単純に容量は1/3になります。

VMWare用のWindowsの仮想イメージはかなり容量を占めています。特にWindows 7はインストールしてセキュリティアップデートをかけるだけで7GB以上の容量を占めます。

今回、マイクロソフト ボリューム ライセンスのソフトウェア アシュアランスの特典でWindows Thin PCが使えます。Windows Thin PCのイメージの容量次第ではWindows 7のイメージを置き換えればいいかなと思いインストールしてみました。

今回はVMWare Fusionに入れてみました。

Windows Thin PCをVMWare Fusionにインストールしてみた

Windows Thin PCはそのままではVMWare Fusionにはインストールできません。インストールするときには、Windows 7としてインストールする必要があります。

VMWare Fusionにインストール

それ以外はインストールに問題はありません。あっさりとできてしまいました。

Windows Thin PCの問題は日本語環境をどうするかですが、日本語フォントとIMEは入っているので、あとはUIをどうするかです。

かのあゆブログ: Windows Thin PCを完全日本語化する」という記事に日本語環境にする方法が記載されています。面倒なのでやりませんでしたが。

Windows Thin PCをVMWare Fusionにインストールするのは全然大変ではありません。

Windows Thin PCをWindows 7と比較する

Windows Thin PCをVMWareにインストールしてみて、一番のチェックポイントだった容量は「だいたい4GB前後」でした。

インストール直後のHDD容量

これは、Windows XPの仮想イメージファイルよりも容量が少ないです。Windows 7のVMイメージのおよそ半分くらいになりました。

これなら、IEのバージョンごとにイメージを作ってもWindows 7よりも容量を使わないので、SSDなどの容量の少ないディスクでも実用的ではないでしょうか。

そもそも、Webデザイナー/マークアップエンジニアがVMWareとかを使う理由は「IEを検証せよ」だけの理由です。なにしろ「IE死ね」などの呪いの言葉が出てくるくらいですから。

結局、Windows 7の仮想イメージファイルはバックアップした後にWindows Thin PCの仮想イメージファイルに置き換えてしまいました。

個人的にはIEの検証にしか使わないのでこれで十分です。

Windows Thin PCのメリットとデメリット

最後にWindows Thin PCのメリットとデメリットをあげてみようと思います。

あまり参考にならないと思いますが、WebデザイナーでWindows Thin PCを使える人は少ないと思うので書いてみました。

Windows 7 Proefessionalの人でWindows Thin PC(と、もしかしたらWindows 8も)試したい人は、マイクロソフト ボリューム ライセンスを契約してみるのもいいかと思います。サービスパック適用済みイメージをダウンロードできるのも密かな特典[謎]ですので。

ゆめいろデザインへのお問い合わせやお見積もり依頼はこちらから。
お客さまのニーズにあった提案を行い、パートナーとして共に成長することを目指しています。