ブログ

第2回東京フリーランスミーティングに参加してきました。

日本オラクル東京本社で第2回東京フリーランスミーティングに参加してきました。とりあえずアジェンダと自分のテーマ・課題をまとめてみます。

パートナーの見つけ方

  • オフ会やセミナー
  • 人脈・取引先・顧客
  • お互い受発注があるといいのでは?
  • パートナーとしての株式会社など(会社組織)
  • 個人商店だけど、プロジェクトが大きいときに参加してくれないか?→ほかの仕事が依頼されたときに紹介するなど
  • 制作会社・システム社員の社員のふりをして代理店と話をする。

仕事欲しいアピールよりも・・・

  • 仕事のアピールが強いよりも人柄を理解してもらうほうがいい
  • 相手のことがわかってからお仕事など(以下略)
  • プライベートでも営業の要素がある。
  • 名刺交換しただけではその人を知っているということではない。「人脈」ではない。
  • いかに信頼をつかんでいくか・どうアピールしていくかを重視すべし。

単発か常駐か

  • ジプシーのように仕事していくか、継続した仕事をしていくか。
  • 働き方の含めて考える。
  • 常駐のアピールもあり。(週5日は厳しいけど)HPに記載しておくといい。
    (フリーランス+常駐+マークアップエンジニアの検索に引っかかるようにする)
  • フリーランスへの仕事は単発依頼だけじゃなく、常駐や継続依頼のニーズが意外と高いようだ、って話。お互いにメリットがあるだろうね。

仕事を進める際に気をつけること・工夫していること

  • バッファをつくる。
  • 丁寧な仕事。
  • メールだけでなくSkypeなどを使って連絡。
  • サイボウズライブやGoogle Documentsを活用。
  • 日報用のブログを作る。

クライアントの要望をどう共有するか

  • 立ち位置を突っ込んで聞けるスキルが重要。「修正の目的は何?」など。
  • クライアントが正しい訳ではない。ただ、さじ加減が難しい。言われたことをやった上でのプラスアルファを提案する。
  • 交渉事の勉強は必要。

独立してからのトラブルと解決法

  • 納品後に修正が多すぎる
  • 今後の取引を切られてもいいから修正費を請求する

受発注について

  • 決裁権のある人と仕事をする必要がある。会社での立ち位置を確認しておく必要がある。
  • 予算をはじめに聞いておく。契約ごと同じ。
  • 予算はクライアントの一番出せる額はいくら? の八掛けが通る額!!
  • 入金のタイミングは最初に言っておく。交渉ごと。
  • 予算が決まっている場合には、その予算は出来るだけ早い時点で聞くようにし、その費用で出来る概要を伝えるなどして予防線を張っておく。
  • 注文書は必要。とくに初めてのお客様のときは必ず。
  • 見積書が注文書代わり。
  • 請求書はPDFはあまりない。
  • 見積書は細かく作る必要がある。
  • 細かい単位で全部単価を出しておく。後から予算が足りないと言われても、「この中から削るのを選べ」とできる。さらに次回以降はそれを参考に、先方が自分で見積もりを作れるから、こちらも楽。

断り方

  • 予算不足・制作期間不足などの場合、断る勇気は必要。「その予算・納期では満足するものは作れない」という断り方をする。
  • フリーランスはいいことも悪いことも自分の動きしだい。

フリーのメリット・デメリット

  • 睡眠時間の確保。
  • 多相性睡眠/ポリフェイズ睡眠。
  • 空いた時間は勉強。
  • 気分転換の時間は必要。
  • 経営感覚・金銭感覚がないと痛い目を見る。甘い気持ちでは難しい。
  • 収入に不安がなければ自由。
  • 「こんなことができるんです。すごいでしょー?」よりも「こんなことであなたの役に立ちます」のほうが仕事につながりやすい。

最近の課題・やってみたい仕事

  • 受注以外の収入源(受託制作以外の収入源構築)。電子書籍など。
  • 固定収入の確保が必要。
  • HTML5/CSS3 モバイル・スマートテレビかな。
  • スマートフォン案件を定期的にくれるクライアント。
  • クライアントビジネスにとって商売になるかを見極める必要がある。
  • ちょっと先を見たほうがいい。英語サイトで情報チェックが必要。(某K氏のフォロワーのツイートチェックするとか)。
  • MTやWordPressのテーマを売るなど。

フリーランスとしての理想の働き方

  • 運用サイトを3〜4本+たまに受託。
  • 趣味と仕事の両立。
  • 10ヶ月の仕事で12ヶ月分の売上。

質問から

Twitterなどからいくつか質問が出ていたのでメモ。

今後どうするか

  • 自立。
  • 先を読んでいくか。
  • 好事魔多し。
  • コワーキング・スペースなどの活用。
  • どこの人たちと仕事をするかが大切。
  • 美味しい業界・クライアントを見つけるのも必要。バナーをつくるだけで10万円もらえるところとか。

感想など

前回のも含め、フリーランスの人たちの悩みや課題などがだいぶ見えてきたな〜と感じました。 実際に参加している人などの受注金額・仕事の取り方・悩みなどが結構見えてきた気がします。

以外だったのは、週1〜2日常駐というのがありかな、という事です。週5日は無理ですが週1〜2日はありなのかなと思いました。

僕は初めて間もない駆け出しフリーランス(掛け持ちは1年少しほどやったけど)で、結構営業に苦労しているところがあります。クライアントを見つける事は永遠の課題ですが。

営業以外にも自分自身が気がついていなかった課題等が見つかりました。相手へのPRなど、いろいろ考えさせられるような気がします。

常駐のアピールもあり・(週5日は厳しいけど)HPに記載しておくというのは早速やってみようと思います。フリーランス+常駐+マークアップエンジニアの検索に引っかかるようにする文章を考えるのが大変ですが。

まずは会社員時代の稼ぎに以下に近づくかが課題です。

最後に宣伝ですが、スマートフォンサイトやPCサイトのコーディングやMovable Typeのお仕事など受けておりますのでよろしくお願いします。

ゆめいろデザインへのお問い合わせやお見積もり依頼はこちらから。
お客さまのニーズにあった提案を行い、パートナーとして共に成長することを目指しています。