ブログ

OSX LIonをインストールしてみました。

「Mac OS X Lion」がMac App Storeで販売開始がリリースされたので購入・インストールしてみました。

インストールの前に

  • 大きな問題があった時にSnow Leopardに戻せるように,インストールする直前にTime Machineでバックアップしておくことが大切です。もしものときのバックアップ。
  • インストールする前にソフトウェア・アップデートを起動して,すべて更新しておいたほうがいいです。とくに「移行アシスタント for Mac OS X Snow Leopard」が重要みたいです。
  • PowerPCアプリの確認と、アプリがないときには代替アプリの検討が必要です。PowerPCアプリはもう動きません。
  • できればクリーンインストールすることをおすすめします。曲がりなりにもOSのアップデートですし、いままでの環境を引き継ぐアップデートインストールよりもクリーンインストールのほうが動作は速いことが多いです。OSアップデートのときは不要アプリの見直しやリストラのよい機会です。
  • これは念のために書いておかないと。Mac OS X Lion インストール.appのバックアップ

インストール

インストールしたのは、MacBook Pro(Early2011)、MacBook(Late2008)の2台です。MacBook Pro(Early2011)は外付けケースに用意したSSDにインストール、MacBook(Late2008)はSnow Leopardインストールした直後の状態でインストールしました(SSDをMacBook Proにコンバートするため)。

ほぼ同時にダウンロード開始したのですが、マシンの自力の差(!?)なのか、MacBook Pro(Early2011)で先にインストール開始しました。さすがにサーバーが込み合っているのかすごくダウンロードに時間がかかりました。

インストールは簡単です。ダウンロードすると、自動的にインストールプログラムが起動して数回クリックするだけ。実に判りやすい。再起動も1回のみ。

当は事前にインストールイメージを作成したかったのですが、あまりに簡単すぎるせいか、MacBook Pro(Early2011)ではインストールイメージを作成せずにインストールしてしまいました。

MacBook Pro(Early2011)の方はインストールが終わったのち、一度Snow Leopardに戻ってインストールイメージを作成。SDカードから起動してふたたびインストールしてみました。結果はあっさりとインストールすることができました。これでトラブルがあっても一安心です。

MacBook(Late2008)のほうもあっさりとトラブルもなくアップデートインストールが終了。トラブルは何もなくインストールできてしまいました。

使用してみた感想

数日使って気になったことなどをとりあえず。

やはり、スクロール方向が逆になったためかスクロールは間違えます。慣れるには1日は必要です。

その他は改良点がいろいろあるのだろうけど、マルチタッチに最適化されたOSだなという印象を受けました。マウスよりもトラックバットのほうが使いやすいのでマウスは仕事で細かいことをやるとき以外は使わなくなってきてきつつあります。

マルチタッチジェスチャーは、いままでほとんど使ってきていなかったです。ちょうどいいので覚えます。

Launcpadはマルチタッチ使いで多くのソフトを仕事で使う人には悪くないのです。Adobe製品のアンインストーラーやnaibだかいう変なゴミまで表示されてしまうのはどうかとおもいます。おかげで「adobe製品のゴミ置き場」なんていうフォルダを作るはめになりました。

アドレスブック、iCalのデザインが見栄えがほかのアプリと統一されていないですね。ここはいただけないのでさっさとカスタマイズしてほかのアプリと同じような見栄えにしてしまいました。

フルスクリーンは限られたアプリで使う感じかな?Mail、iCal、iTunes、Reederあたりは常時フルスクリーン運用でいってもいいと思っています。

ことえりがなにげに進化している。なんかATOKっぽい。ATOKに貢ぐのも飽きつつあるし、しばらく使ってみることにします。

Safariは早くなったけど、1Passwordだけは微妙な感じ。(これでWindows版Safariでもつかえるのか!?)

Libraryフォルダが非表示なので困ります。ターミナルで「chflpags nohidden ~/Library/」とコマンドを打って表示させました。

ひとまずファーストレビューとしてはこんなところです。使えばほかのOSはさようならなんていう感じにありそうです。某OSももっとかんばってください、というレベルです。いまのところは。

ゆめいろデザインへのお問い合わせやお見積もり依頼はこちらから。
お客さまのニーズにあった提案を行い、パートナーとして共に成長することを目指しています。